Omoide
Bag

〜 想い出で織る 〜

about

想い出にイロドリを添えて

「想い出のものをどうにか出来ないのか?」

「母が着ていた着物があるんだけど捨てれなくて」
「子供が小さい頃によく着ていたお気に入りの服があるんだけど捨てれなくて」

使わないけれど想い出のあるものだからこそ "捨てれない" と言われる方が多くおられました。

そこで裂織りならば何か出来るかもしれないと思ったのです。

*「裂織り」とは、傷んだり使わなくなった布を細く裂いたものを横糸として織り上げたもの。

大切な想い出に新たな命を注ぎ込み、再び輝きを甦らせる。

様々な色を組み合わせ織ることで、また違った気持ちで想い出と向き合える。

そして何より、そこに想いが詰まっているからこそ、眠らせてはいけない、忘れてしまってはいけない。

また共に "omoide" と歩んでいってほしいと思うのです。

*大切な人の想い出を何か形に
*人生の節目に

結婚式(両親や子供達に) / 結婚記念日 / 出産祝い / 引越し祝い / 還暦 など

最後に

私も父を亡くした事で「身近な大切な人を失う」という経験をしました。

とても辛い事ですが、それでも日々は続いていきます。想い出と共に、しっかりと上を向いて歩いていって欲しいと思うのです。

あんなに小さかった我が子のスタイ。若かりし頃、友と精一杯頑張ったユニフォーム。絶対に捨てられない想い出が沢山詰まったもの。それぞれの方の想いをしっかりと受け取り、1つ1つ想いを込めて唯一無二の『omoide bag』を作りたいと思います。

How To Order

オーダーの流れ

制作実例

【omoide bag】
ori×ori bag (マチ付き)

【 お母様より息子様へ 】

《 お客様からのご感想 》

ご注文はこちらから

【omoide bag】
絵画く bag

【今はもう大きくなって着れなくなった洋服で。】

《 お客様からのご感想 》

ご注文はこちらから

【omoide bag】
絵画く bag

~想い出エピソード~

《 お客様からのご感想 》

ご注文はこちらから

【omoide bag 】
only one ハンドショルダー

【今は亡き尊敬する3人の女性。お姉様の洋服、伯母様のスカーフ、お婆様の毛糸で】

《 お客様からのご感想 》

ご注文はこちらから

【omoide bag】
only one ハンドショルダー

【それぞれに想い出たっぷりの子供服3着で…】

《 お客様からのご感想 》

ご注文はこちらから